幸せを運ぶあれこれ

七福神の由来とおもしろエピソード①恵比寿・大黒天・福禄寿

七福神

七福神ー由来とおもしろエピソード①
恵比寿・大黒天・福禄寿

七福神
幸運を運ぶ動物シリーズ、これまで
ウサギカエルを紹介しました。
龍にについて書いているときに、
七福神がのっている宝船は龍の船だ、
ということを思い出しまして、
今回は動物から少し離れて、
「七福神」について紹介してみたいと思います。
パート①と②2回にわけて、
まず①では、恵比寿・大黒天・福禄寿から行きます。

7つの神様をあわせて「七福神」とされたのは室町時代

まずは、7つの神様の名前から。

恵比寿
大黒天
福禄寿
毘沙門天
布袋
寿老人
弁財天

でしたね。
「七福神」とセットで信仰されるようになったのは
室町時代の末といわれています。
鎌倉時代には、まず「三神」。
毘沙門天、大黒天、恵比寿で三神として
信仰されるようになります。
三神としては、ほかに
大黒天、恵比寿、弁財天、などの
組み合わせも増えていき、
その後、7つの神様セットになっていきます。

「7」という数は、
「七難即滅 七福即生」:あまたの災難はたちまち消滅し、多くの福徳に転ずる。
世の中の七つの大難はたちどころに消滅し、七つの福が生まれるということ。
(仁王経に説かれている経文)

「竹林の七賢」:老荘思想の影響を受け、儒教倫理の束縛から離れて、
竹林に集まって酒を飲んだり、楽器を奏でたりしながら、
気ままに自由な議論する7人をいいます。
阮籍(げんせき)・嵆康(けいこう)・山濤(さんとう)・向秀(しょうしゅう)
・劉怜・阮咸(げんかん)・王戎の7人ですが、
7人同時に集まって議論したというわけではないようです

こういった中国の教えの影響を受けていると考えられています。
いろいろな異なるパワーをもつ神様をあつめて、
万事OK,最強!という話ですね。
当時、ほかにも猿田彦や吉祥天の神様
などもあわせる考え方もあったようですが、
定着せずに、「7」で留まりました。

それでは1神1神もう少し、丁寧に見ていきましょう。

恵比寿天:商売繁盛の神様

恵比寿

7神中、唯一の日本の神様です。
日本の神話「日本書紀」「古事記」で
イザナギノミコト(伊弉諾尊)と
イザナミノミコト(伊邪那美)の間の
子、蛭子(ヒルコ)として登場します。
不具の子として、島に流され、流れ着いて
海を凌駕する神となったとされます。

商売繁盛・大漁祈願・五穀豊穣
商業・漁業・農業すべてを司る
マルチリーダーの存在です。

YEBISU BEER と恵比寿様、そして恵比寿(地名)

恵比寿様のマークで知られるYEBISU BEER.
商売繁盛の神様にあやかったのでしょうか、
なぜ「ヱビスビール」という名前にしたのか、
については明確にはわからないのですが、
東京・恵比寿の地名は、ヱビスビールが
由来となっているのです。

「ヱビスビール」は発売されたのは明治23年。
その後、ビールの積み卸し専用駅、恵比寿停車場を
「ヱビスビール」の名から「恵比寿」という駅
と呼ぶようになりました。
旅客駅としての「恵比寿駅」となったのは、
明治39年のことです。

Golden Time

大好きなCateenさん演奏のCMです。
ゆるゆると幸せな気分になりますね。

ビール

大黒天:財運、商売繁盛の神様

大黒天
大黒天はしばしば、財運・商売繁盛の神様として、

大黒天はインドの神話で、マハーカーラ(=シヴァ神)
が仏教に取り入れられた神様です。
「大いなる(マハー)黒(黒)」という意味で、
「大黒天」とされます。
このマハーカーラが破壊神・戦闘神として
闘いを続ける神様として描かれているために、
時に大黒天は怖い、といういわれる理由です。
仏教では、「天部(てんぶ)」という展開に住む
現世利益の守護神として伝わりました。

明智光秀は大黒天像を拾ったが、捨てた⁈

ある日、光秀は大黒天の像を拾いました。
「大黒様は福神。きっと良いことがあるに違いない」
喜んで持ち帰り、朝晩と拝みました。

それを見た家臣が「福神様は千人の司(つかさ)であるので、
信心されるがよいでしょう。」と進言しましたが、
「ならばこれは必要ない」と光秀が捨ててしまった、
というエピソードがあります。
光秀が大望を持っていたということで、
「本能寺の変・野望説」の根拠にされることがあります。

 

福寿禄:子孫繁栄・長寿・財運・招徳人望・学術向上

福禄寿
福禄寿は、中国の道教に由来する神様です。
人生で得たいものである
「福(=幸福)・禄(=身分)・寿(=長寿)」
を具現化した存在で、
千歳を超える仙人、
とも、
南極星の化身、
ともいわれます。
福・禄・寿の三つの得をもっているところから、
大きな人徳をもった神様です。
鶴と亀は長寿を象徴する動物として、
たずさえています。

人気浮世絵師の遊び心がおもしろい。

歌川国芳「福禄寿 あたまのたわむれ」(東京都立図書館蔵)

頭の長い福禄寿をユーモラスにネタにした
戯曲です。神様をいじちゃってて、、
国芳さん、なかなかのノリですね。

まとめ

最後の「あたまのたわむれ」。タイトルからして
最高のセンスですね。タイムスリップして
国芳さんにお会いしてみたくなってしまいました。

今回は前半として、恵比寿・大黒天・福禄寿を
紹介しましたが、に続きますね。

 

講座にご興味がある方は上のバナーから
講座紹介ページへどうぞ。
公式Line登録はコチラ。最新情報を届けします。今なら「ナイナイ星人を卒業し、自分を活かして幸せに生きるコツ」をプレゼンとします!