刺繍

世界の様々な刺繍の特徴①ーフランス~イギリス

世界の様々な刺繍の特徴①

世界には、国ごと、地域ごとに
さまざまな刺繍の手法があります。
いったいどれくらいあるのかは
数えきれませんが、それぞれの
特徴をみていきながら、
みなさんと刺繍のすばらしさを
共有できたらと思います。

フランス刺繍

日本で「刺繍」といえば、まず
フランス刺繍が代表選手ですね。
英語でもembroideryといえば
フランス刺繍を刺すことが多いです。

自由に絵を描くように刺繍する
ということで「フリーステッチ」とも
いわれます。

イタリア刺繍 プント・アンティーコ(Punto Antico)

イタリア刺繍といえば
プント・アンティーコという古典刺繍が
代表ですね。
イタリア語で
punto=ステッチ
antico=古代の
Punto Anticoで「古典的なステッチ」という
意味です。
D.C.900年頃からのものらしいです。
幾何学的な模様が特徴です。

スペイン刺繍
ラガルテラ(Lagartera)タラベラ(Taravela)

内陸部地域の刺繍で、
幾何学的な模様、中をくり抜いてかがるステッチ
が特徴です。

本の紹介:内田桃子著

「内田桃子のスペイン刺繍」

オーストリア刺繍 プチポアン(Petit Point)

プチポワンの歴史は、ウィーン、
ハプスブルグ家が繁栄していた
18世紀にさかのぼり、
コブラン織が洗練されて、
進化しました。
マリア・テレジアが宮廷の愛し、
室内の宮廷装飾、アクセサリー、
フォーマルバックなどに用い、
繁栄しました。

キャンバスの布目を細密に刺し、
美しい絵画のように仕上げます。
丈夫で長持ちします。

イギリス刺繍 ジャコビアン(Jacobean)

南国風のボタニカルな植物や鳥
などの柄が特徴です。
中世、イギリスで東インド会社
との貿易が始まり、
文化が流れ込んできました。
インド更紗布の影響を大きく
受けているといわれています。
専用のAppletons(アップルトンズ)
のCrewel (クルウェル)
というウールの刺繍糸を使って刺します。

本の紹介:Hazel Blomkamp著
Crewel Intentions: Fresh Ideas of Jacobean Embroidery

今回はヨーロッパ系の刺繍を紹介しました。
いかがでしょうか。

講座にご興味がある方は上のバナーから
講座紹介ページへどうぞ。
公式Line登録はコチラ。最新情報を届けします。今なら「ナイナイ星人を卒業し、自分を活かして幸せに生きるコツ」をプレゼンとします!