刺繍

刺繍針の種類と選び方

刺繍針 選び方 種類

刺繍針の種類と選び方

punch needle刺繍はニードル針をつかいますが、
他の手法をしたり、組み合わせたりすることも
あると思います。

針の種類は100種をこえるようです。
どれを使えばいいか、迷ってしまいますよね。
クロスステッチ針、りぼん刺繍針、
beads刺繍針、そしてぬいぐるみ針という
ものもあります。
代表的な針について紹介していきますね。

太さと長さで号数が変わります。
号数は大きいほど細くなります。

フランス刺繡針 クローバー

針先がとがっていて、布に刺しやすい
普通の縫い針と比べて、針穴が大きい

25番刺繍糸を使うときの本数は、

サイズ:

No.3 6本以上
No.4 5~6本
No.5 4~5本
No.6 3~4本
No.7 2~3本
No.8 1~2本
No.9 1本
No.10 1本

NO.7 あたりをよく使います。
NO.7のセットもしくは、NO.7-10のセットも
あります。

Embroidery(エンブロイダリー)針 DMC

針先がとがっている。フランス刺繍などに向いている。
目のつまった布でも刺しやすい
普通の縫い針と比べて、針穴が大きい

特徴はフランス刺繍針とほぼ同じです。
同じようにNo.1-10があり、
号数が大きいほど細くなります。

リボン刺繍針 クローバー

リボン刺繍用の針です。

・フランス刺繍針よりさらに大きな針穴
・リボンの太さによって号数を使い分ける

極太タイプセット No.14-18 ウールターナース
ニット地用セット No.18・20  タペストリー針
太タイプセット No.18-20 シュニール針
細タイプセット No.22-24 シュニール針

私は、細タイプをよく使います。

beads(ビーズ)針 BEAD SMITH

長針「Beading」,短針「Sharps」がある。
穴が縦方向に大きく、糸を通しやすい。
熱処理を加えてあるのでしなやかで折れにくい。
縫い針よりも細く、ビーズが通しやすい

No.10 一般の大きめビーズ向け
No.11 丸小ビーズ向け
No.12 丸小ビーズ、特小ビーズ向け
No.13-15 特小ビーズ向け

*イギリス JOHN JAMES のビーズ針。
米国BEAD SMITH社のパッケージに入っている針も、
イギリス JOHN JAMES のビーズ針のようです。。

私はNo.10.12あたりをよく使います。

まとめ

・針の種類は用途別に100種以上。
・スタンダードなものは、フランス刺繍針、エンブロイダリー針
・号数は大きいほど細い

まずはスタンダードな針をそろえておき、
別の手法を試したいときに、用途に合った針を買い足す、
がよいと思います。

 

講座にご興味がある方は上のバナーから
講座紹介ページへどうぞ。
公式Line登録はコチラ。最新情報を届けします。今なら「ナイナイ星人を卒業し、自分を活かして幸せに生きるコツ」をプレゼンとします!