刺繍

Punch Needleの道具は?

punch needleの道具は?

どんな道具で刺すのでしょう?

普通の刺繍は

刺繍針、刺繍糸、刺繍枠、布、ハサミ

があればできますね。

punch needleはどうでしょう?
特別な道具が必要なのでしょうか?

今日はpunch needleに必要なアイテム
について書いていきます。

特別な道具は、専用のニードル(needle/針)とスレッダー(threader/糸通し)

needle(針)

まず、punch needle の
一番の特長はneedle(針)
になります。
刺すとループ状になるんですね。

ニードル(針)も用途によって
さまざまな種類があります。

毛糸のような太い素材でrugなどを
つくりたいとき

代表的なものには
Oxfords社さんのもの
があります。

日本で取り扱っているショップ
も紹介されています。

取り扱いショップ

刺繍糸をつかうとき

私は刺繍糸を使います。
ニューヨークにある
Ultra Punch Needle 社さんの
ニードルをずっと愛用していますが、
とても使いやすいです。

日本ではなかなか手にはいりにくい
のが難点でしたが。

ときどきebayにでていたりもします。

最近は楽天でも買えるようになったようです。

 

針の部分は太さが、

Large(大)・・・刺繍糸6本どり目安
Medium(中)・・・刺繍糸4~5本どり目安
Small(小)・・・刺繍糸2~3本どり目安
Extra Small (極小)・・・刺繍糸1~2本どり目安

の4種類あります。
作るものの太さ・細さで選択します。

上記はあくまで目安なので、多少本数が異なっても大丈夫です。
私はいつもMedium(中)を使っています。

日本では、DMCさんやクローバーさん
でも買えます。

クローバーさんでは

毛糸用「パンチニードル」

刺繍用「フリーステッチング」

と呼び分けているので注意してください。

ほかにも様々なメーカーのものがあるので
用途にあわせて選んでくださいね。

スレッダー(threader/糸通し)

そして、
もう1つがスレッダー(threader/糸通し)
これは、大概、ニードルと同じところで
購入できます。
とても繊細なので、使っていると、
曲がったり、切れたりします。
頭の部分は紙のシールになっているのですが、
はがれたりもします。
すると、探しにくくなります。。
消耗品ですね。
いくつか予備をもっておいたほうがよいです。
私は買うときはまとめ買いしていますね。

まとめ

・専用の道具はニードル(needle/針)とスレッダー(threader/糸通し)
・ニードルは種類があり、用途によって、太さが変わる。

 

講座にご興味がある方は上のバナーから
講座紹介ページへどうぞ。
公式Line登録はコチラ。最新情報を届けします。今なら「ナイナイ星人を卒業し、自分を活かして幸せに生きるコツ」をプレゼンとします!