刺繍

刺繍のステッチ⑤―名前と刺し方がまとめてわかる(33-37)

刺繍のステッチ⑤―名前と刺し方がまとめてわかる(33-37)

刺繍のステッチ④では、フェザーステッチと
その応用のステッチを紹介しました。
今回は、ヘリンボーンステッチからスタートします。

33.ヘリンボーンステッチ

ヘリンボーンとは、herringbone=にしんの骨
という意味です。魚の骨のような形のステッチ
ということですね。
ヘリンボーンステッチヘリンボーンステッチ2
写真のように上段、下段を交互に刺します。

34.クローズドヘリンボーンステッチ

ヘリンボーンステッチの応用です。
同様に上段、下段交互に刺します。
同じ穴に刺すことで閉じた形に
なります。

クローズドヘリンボーンステッチ クローズドヘリンボーンステッチ2

35.シェブロンステッチ

シェブロンとはchevron=逆v字型の紋章
のことを言います。ステッチの形がまさに
そうなっていますね。
上段、下段と交互に刺していきます。
極力間隔を同じに刺すようにするときれいに
できます。
シェプロンステッチ

36.スプリットステッチ

チェーンステッチに似ていますが、
糸を文字通りスプリットして(割って)
チェーンのような形をつくっていきます。
わかりやすいように6本取りで3本・3本の2色で刺してみました。
スプリットステッチ

37.オルターネーティングステムステッチ

アウトラインステッチ同様、半分返しながら進んでいきます。
ループの向きで名前が変わるのですね。

オルターネーティングステムステッチオルターネーティングステムステッチ2
今回はこの辺でおわります。
に続きます。

 

講座にご興味がある方は上のバナーから
講座紹介ページへどうぞ。
公式Line登録はコチラ。最新情報を届けします。今なら「ナイナイ星人を卒業し、自分を活かして幸せに生きるコツ」をプレゼンとします!