刺繍

刺繍のステッチ②―名前と刺し方がまとめてわかる(18-22)

FLYSTITCH

刺繍のステッチ②―名前と刺し方がまとめてわかる(18-22)

刺繍のステッチ①では、ストレートステッチ、バックステッチなど
を紹介しました。
今回は、フライステッチから始めますね。

18.フライステッチ

フライステッチ
Yの字に刺すのがフライステッチ。
フライとはfly 、ハエ、飛ぶ虫の意味ですね。

足の部分を短く刺せばvのように見えますし、
長く刺せばYのように見えますね。
また上下逆さまに刺すこともできます。
並べて刺せば、いろいろな絵柄をつくることが
できますね。
FLYSTITCH

19.クロスステッチ

クロス(=CROSS)のように×印に
刺します。
皆さんおなじみかと思いますが、
クロスステッチだけを使って、絵画のように
美しい絵柄を表現することもできます。

左上から右下へ刺し、右上から左下へ、
という順番で刺していきます。
クロスステッチ

1つずつ×をつくっていってもいいですし、
たくさん並べたいときは、タスキの片側だけを
まとめて刺してから、もう一つのタスキをかけて
いくこともできます。

CROSS STITCH

20.ダブルクロスステッチ

クロスステッチにさらに、十字のように
縦横のステッチを刺すステッチを
「ダブルクロスステッチ」といいます。
密度が濃くなりますね。

ダブルクロスステッチ

21.サテンステッチ

面をうめていきたいとき、ツヤっと仕上げたいときに
使える刺し方です。サテンは艶のある布のことですね。
立体感がでます。

サテンステッチ
基本的には輪郭線に沿って糸を面で埋めて
いきます。

輪郭がガタガタとして安定しない、
というときには、アウトラインステッチ
下縫いをしてから、サテンステッチをすると
比較的簡単にきれいに刺せます。
サテンステッチ2
SATAION STITCH
隙間が空きすぎた、というときには、
慌てず、足していけば大丈夫ですよ。

22.ロングアンドショートステッチ

ロングアンドショートステッチは、
長く、短く、ランダムに刺して面を
埋めていきます。

ロングアンドショートステッチ
長・短の刺し位置を同じにせず、
文字通りランダムにすると表情が
でます。

講座にご興味がある方は上のバナーから
講座紹介ページへどうぞ。
公式Line登録はコチラ。最新情報を届けします。今なら「ナイナイ星人を卒業し、自分を活かして幸せに生きるコツ」をプレゼンとします!